CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 慣らし保育2、3日目 | main | 風邪がなかなか治らない >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    慣らし保育で熱が出た
    0

      JUGEMテーマ:子育て日記

       

      石を投げれば当たるんじゃないかってい言うくらい、よくある話についてです。

       

      それは・・・

       

      「慣らし保育で熱が出た」

       

      「そしてそれが家族(夫)にうつった」

       

      他人の話なら、「保育園行きだすと、もらってきちゃうっていうよね〜」なんて、お気楽に相槌うつものですけど・・・

      当事者になると、めっちゃ大変。

       

      そもそも、事の起こりは、慣らし保育を初めて1週間目の終わりの金曜日のこと。

       

      まず始めに、鼻水が出始めました。

       

      「あぁー、なんかもらってきちゃったかな〜

       でも仕方ないなー」

       

      だって、保育園の同じクラスの子(0歳児クラス)の半分以上、鼻水垂らしているんだもん。

       

      ってことで、熱が出なければいいけど、と見守りながら過ごした週末。

       

      日曜は天気もよかったし、暖かかったので、散り桜を見ながら、ピックニック的な感じでお弁当を食べたりして楽しみました。

       

      そして、その日の夜。

       

      寝かしつけをしようとしたら、やたらとグズる息子。

       

      鼻水のことがあったので、念のため熱を測ってみたけど、この時点では平熱。

       

      なんとか寝かしつけて、私も眠り、そして明け方。

       

      事件は起こった。

       

      いつものように布団から飛び出して(寝たまま)、旅に出ていた息子。しかし妙に寝苦しそう。

      眠り目をこすりながら、布団に戻してあげようと抱き上げた瞬間・・・

       

      「あれ?なんか熱くない??」

       

      いつもこんなに熱かったっけ?

      いや、でも昨晩のぐずりもあるし・・・

       

      と、念のため体温計を持ってきて測ってみると、37.6度。

       

      彼の平熱は、だいたい36.7〜37.0くらい。

       

      めちゃくちゃ高いわけではないけど、寝ている最中(しかも布団を飛び出しているのに)、この体温は高いな・・・。まだ朝だし、上がってくるかも。

       

      と思いながら、でも一応、普通に寝ているので、そのまま、抱っこで落ち着かせてから布団に寝かして、朝を迎えました。

       

       

      そして翌朝。

       

      もう一つの事件が。。。

       

      朝、起きてきた夫に、息子の熱について伝えます。

       

      「この子、熱があるみたい。」

       

      後手、夫の返し。

       

      「俺も。」

       

      ・・・・ん?

       

      「俺もたぶん、熱ある・・・」

       

      フラフラした足取りで、ソファになだれ込み、体温を測ると・・・38.0度。

       

      多少パワーは落ちるものの、いつもどおり機嫌よく遊んでいる息子に対して、見た目も体温もあきらかに病人の夫。

       

      あなたのほうが重症やないかーい!!

       

      しかし、今日はどうしても休めないとかいって、会社に行きました。周りの人からしたら、迷惑、迷惑。

       

      まぁ、夫は大人なので放っておいてもいいやっていうことで、私は息子を病院に連れて行きました。

       

      いつも予防接種でお世話になっている近所の小児科です。

      病気で来るのは、初めて。

       

      病院に連れて行って熱を測ると、37.9度。

      赤ちゃんは体温が高いということで、そこまで重症ではないのでしょうが、やはり熱があります。

       

      診察をしてもらったところ、喉が腫れているのと、黄色い鼻水がたくさんでるので、風邪でしょうと。鼻水を吸引してもらい、薬を処方してもらって終了です。

       

      食欲もあるし、元気に遊んでいるので、さらっとした診察で終わりました。

      ヨカッタ、ヨカッタ。(しかし、この後、この微妙な状態が長引くことになる)

       

      ただ、息子は、この翌日に予防接種と10カ月検診の予約をしていました。

       

      それについては、「多分ダメだろうな〜」と思っていたら、案の定、NG。しかも、なかなか予約の取れない病院なので、提示された次回の日にちは1か月以上先。

       

      もう仕事に復帰しているから、スケジュールなんてわかんないよ!!

       

      って感じで、その場では決めれず、かといってモタモタしているとその日も埋まってしまうということで、会社のいろんな人に連絡して、休みを取れるかどうか(スケジュール的に)確認したりして、てんやわんや。

       

      予防接種の補助券も1歳までに使わないといけないと言われて、次回を逃したら結構やばい!!

       

      育休中に受ければいいや〜とか思って、ノンビリしていた(本当はもっと早く予約できたのに、忘れていた)のが悪いんだけど、まさかまさかのケツカッチン。

       

      一方、家に着いた頃、夫からも「やばい。早退する」との連絡。

       

      お昼過ぎに帰ってきた夫は、もうぐったりしていて、息子よりもはるかに重症。(病院に行ったところ、インフルエンザではないらしく、一応安心。)

       

      息子の熱は結局、病院での37.9度をピークにゆっくりと下がっていき、翌日には37度前後をウロウロしていました。もうほぼ平熱(ちょっーーーと高いかなくらい)。

       

      めちゃめちゃ元気なんだけど・・・と思いつつ、まぁでもせっかくの慣らし保育園期間なので、大事をとって、もう一日お休み。

       

      しかし、実はこれ、すんなり治ってはくれませんでした。

       

      それについては、この後の展開に続きます〜(^^;)

       

       

      あと、オマケ。

      息子の熱で吹っ飛んだ予定。(予防接種&検診以外)

       

      〇笋了左紊了科検診。

       この日の午前、母子手帳のチケットを使って行くハズで予約していたのですが・・・

       

      息子の初節句写真

       せっかく育休中なのでと思い、熱が出た日の翌日の撮影を予約していました。保育園も大事を取ってやすんだのに、さすがにコレはないな〜と思いキャンセル。(後日行った)

       

       

      | 保育園 | 17:42 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 17:42 | - | - |
        コメント
        コメントする